【腹筋を割るトレーニング方法】最短で割るために押さえるべき基本事項

腹筋を割るトレーニング方法の基本と言えば何だと思いますか?

「基本」ですから、これを押さえておかないと効果が半減してしまうだけでなく、割れるまでの期間も長くなってしまうかもしれません。

 

と言ってもすごくぼんやりしていてよく分からないと思いますので、先に具体的な内容をお伝えしておきますと、以下の2点です。

 

  1. 腹筋を大きく厚くする
  2. 腹筋の上の脂肪を落とす

 

腹筋を割るにはとにかくこの2点に尽きるんですよね。

腹筋は正直なので、適当に鍛えればそれだけの成長しかしませんし、逆に適切な方法で鍛えれば予想以上に早く成果が出るもの。

 

というわけで今回は、腹筋を割るトレーニング方法として、最短で割るための基本事項(上記2点)を詳しくお伝えします。

 

どんゴリ
この2点を意識したトレーニングをすれば、必ず最短で腹筋は割れます!

 

腹筋を割るトレーニング方法の基本

腹筋を割るトレーニングの方法には、冒頭にもお伝えした通り2点の基本事項があります。

それが、腹筋を大きくすることと腹筋の上の脂肪を落とすこと。 それぞれ詳しく説明していきますね。

腹筋を大きく厚くする

腹筋が大きく厚くなれば、凹凸が大きくなりますから、それだけ割れ目がハッキリしますよね。腹筋が大きければ、多少表面に脂肪があっても割れているのが分かります。

腹筋は体の中でも小さい筋肉ですが、大きくなればそれだけ代謝力がアップして脂肪を落としやすくなるのも事実。

 

トレーニング方法のポイントとしては、「速筋を高負荷で」鍛えること。

 

速筋とは

速筋とは、パワー・瞬発力がある太い筋肉で、持久性は低いがトレーニングによって太くすることができる。

一方、遅筋は持久力がある細い筋肉で、持久性は高いがトレーニングによって太くすることはできない。

人間の筋肉はこの2種類の筋肉から構成されています。

 

つまりは速筋を10回程度で限界になる高負荷で鍛えることが腹筋を大きくするポイントなのです。

参考:腹筋は「高負荷×低回数」で大きく!低負荷の自重トレで追い込む!

腹筋の上の脂肪を落とす

いくら腹筋を大きく厚くすることができても、腹筋の上に脂肪があればその腹筋が表面に現れることはありません。

ある程度腹筋が成長したら、腹筋の上の脂肪を落として割れ目をハッキリさせることを意識しましょう。

 

脂肪を落とすには、やはりランニングなどの有酸素運動や高強度インターバルトレーニングのように脂肪燃焼効果のあるトレーニングが必要。

腹筋のトレーニングのみで脂肪を落とすことは、限りなく不可能に近いのです。

最短で割るためのコツ

最短で割るためには、腹筋を割るトレーニング方法の基本2点を意識するのは最低条件で、それに加えてさらに成長を加速するコツをお伝えします。

食事を意識する

体を作っているのは食事ですから、食事の内容は絶対に意識するべきです。

好きなものを食べたいだけ食べていれば、全体的な栄養の必要量は確保できていたとしても、糖質や脂質を摂りすぎてしまうのは分かりきっていますから、結果的に“太る”のは分かりきっていること。

 

見た目的に脂肪がついていなくても、内臓脂肪だって増えますから、健康にも良くないことは明白です。

あまりにストイックに“制限”するのはよくありませんが、最低限お菓子やお酒などの嗜好品を控えたり、夜ご飯のみ炭水化物をカットしたりするだけでも間違いなく効果はあります。

 

そして、腹筋をトレーニングしながら食事を意識すると、どうしても筋肉の成長に不可欠なタンパク質が不足してしまうので、プロテインやHMBなどのサプリメントを活用すると良いでしょう。

参考:【腹筋をバキバキにするサプリ】プロテイン・HMBの効果はいかに?

できれば同時並行する

もし、1日のうちにまとまったトレーニング時間を確保できるのであれば、腹筋を大きく厚くするトレーニングと、腹筋の上の脂肪を落とすトレーニングを同時並行しましょう。

当然それぞれやるよりは同時にやった方が、割れるまでの期間を最短にできるということ。

 

しかも、腹筋のトレーニングをやって体を温め、成長ホルモンやアドレナリンなどの分泌などによって脂肪燃焼効果が高まった上で有酸素運動をすれば、よりスムーズに脂肪を落とすという相乗効果も期待できるのです。

参考:腹筋とランニング、割るのに最適な順番を理解して最短でシックスパック!

まとめ

腹筋を割るトレーニング方法の「基本」は、腹筋を大きく厚くすることと腹筋の上の脂肪を落とすこと。この2点を意識したトレーニングが不可欠なのです。

そして割れるまでの期間を最短にするコツとして、以下2点をご紹介しました。

 

  1. 食事を意識して新たに脂肪をつけない・タンパク質を摂る
  2. 腹筋を大きくすることと腹筋の上の脂肪を落とすことを同時並行する

 

この2つによって、よりスムーズにより早く腹筋を割ることができるのは確実です。まとまったトレーニング時間が確保できる人はぜひやってみてくださいね!

参考:【腹筋を割る方法の全て】誰でも100%腹筋が割れる4つのステップ ​

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です