腹筋の上部が割れないのは皮下脂肪が多すぎ?まずは体脂肪率をチェック

腹筋の中で上部というのは比較的割れやすいものです。にも関わらず、「1ヶ月以上トレーニングを続けているのに全く変化が無い・・・」という人は要注意!

お腹周りに皮下脂肪が多い状態でトレーニングしていませんか? 具体的には体脂肪率が25%を超えている場合

 

残念ながら、それだとトレーニングの成果が出ないと断言できます。つまり、今すぐお腹周りの皮下脂肪を見直すべき

腹筋の上部は最も刺激しやすく、最初に割れてくる部位ですから、そこに変化が現れなければよほど皮下脂肪が多いか、トレーニングの仕方がおかしいかでしょう。腹筋と思って鍛えていたのが実は背筋だったとか。笑

 

それを踏まえて、今回は腹筋と皮下脂肪との関係を詳しく見ていきます。腹筋を割りたいけどお腹周りの脂肪が多いなら、必ず最後まで確認してください!

 

腹筋の上部とは具体的にどこか

冒頭で述べた「腹筋の上部」とは、具体的にどの部分でしょうか。それは、4種類ある腹筋の内、腹直筋と呼ばれる筋肉の、上から1〜2段目の部分

 

お腹周りの中でも比較的皮下脂肪が少なく、適切なトレーニングを続けていれば横の線(腱画という)は上部から入っていきます

参考:腹筋には割れる順番があった!段階に合ったトレーニングをするための基礎知識

 

ちなみに、4種類ある腹筋の残り3つは、脇腹に当たる外腹斜筋内腹斜筋、インナーマッスルである腹横筋になります。

腹筋の上部が割れないのはなぜ?

腹筋の上部が割れないのはなぜかといえば、理由は簡単。よほどおかしなトレーニングをしているか、皮下脂肪が厚くて割れ目が見えないからですね。

まず、あまりあり得ないですが、おかしなトレーニングの例としては以下。

 

  • 思いっきり反動を使って動作を行なっている
  • 頻度が少なすぎる(週に1回など)
  • 回数が少なすぎる(シットアップを1日10回など)

 

このような例は、そもそも腹筋を割ろうという意志が見られないので論外。となると、やはり皮下脂肪が厚いというのが主な理由になってきますね

冒頭にも述べましたが、体脂肪率の目安としては25%を超えている場合。ですから、体脂肪率は重要な指標として常に気にしておいてください。

皮下脂肪の落とし方とメリット

お腹周りの皮下脂肪を落とすには、まずは有酸素運動につきます。体内の脂肪は有酸素運動を行うことで消費されるからですね。

毎日はハードルが高いかもしれませんが、有酸素運動を数週間続ければ、確実に皮下脂肪は落ちてきます。少なくとも体脂肪率20%を切るまで落としましょう。

 

具体的には、やはりランニングですかね。もし自宅周辺に景色のいい道があるなら、ぜひ走ってみることをお勧めします。リフレッシュにもなりますしね。

参考:ランニングが腹筋を割るのに効く3つの理由とは?効果的な時間や呼吸も解説

腹筋を覆っている脂肪がなくなる

有酸素運動によって皮下脂肪が無くなってくると、それだけで割れ目が見えてくるはずです。

なぜなら、腹筋はもともと割れているから。最初にお伝えした「腹直筋」は数の差こそあれ、誰でも生まれつき割れてるものなんですね。

参考:腹筋が4パックしかない!?2つの方法でパック数を確認しよう!

 

つまり、お腹の皮下脂肪を落とすことで、トレーニングで頑張って成長させた腹筋を、ハッキリと露出させられるということ。

このプロセスは腹筋を割るには必須なのです。

 

どんゴリ
少しでも割れ目が見えると、それだけでモチベーション上がりますよね。

トレーニングの動作がしやすくなる

腹筋のトレーニングは、上体を起こしたり前かがみになったりと、お腹の脂肪が邪魔になる動作が多いですよね。

筋トレの基本として、「ターゲットの筋肉を最大限に伸ばした状態から、最大限収縮させる」ということがありますから、お腹に皮下脂肪が多ければ、収縮の邪魔になってしまうのは当然

 

そうなれば、せっかく頑張っているトレーニングの効果が半減してしまいます。

皮下脂肪を落とすことでお腹周りがスッキリすれば、トレーニングの可動域が広がり、腹筋を最大限に収縮できるメリットを得られますよ

 

可動域

「可動域」とは、動作開始から終了までに体(体の一部)が動く範囲のことです。ターゲットの筋肉に対し、この可動域が広いほど効果が高いと言われています。

ただ、無理に広くしようとすると怪我につながりますから、そんなに意識せずフォームに集中しましょう。

まとめ

1ヶ月以上トレーニングを続けているにも関わらず、腹筋の上部が割れないなら、それはお腹周りの皮下脂肪が多いということ。なぜなら、腹筋の上部はトレーニングで刺激しやすい上に、1番最初に割れてくる部位だからです。

お腹周りの皮下脂肪を落とすには、やはり有酸素運動が効果的。中でもリフレッシュ効果があるランニングはお勧めです。

 

皮下脂肪を落とせば、トレーニングフォームが安定し、腹筋を最大限に収縮できるため、腹筋の成長も加速します

そして、割れ目が見えてきて成果が実感できるので、モチベーションも上がりますよ!

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です