【腹筋をバキバキにするサプリ】プロテイン・HMBの効果はいかに?

もし腹筋をバキバキにできるサプリがあるとしたら、あなたはそれを飲みたいですか?

そりゃ飲みたいですよね! 分かります。私も絶対に飲みたいですから。

 

「でも、そんなサプリはありませんよね?」
「あったとしても副作用的なものがヤバそう・・・」

など、色々な意見はあろうかと思いますが、実はそんなサプリはあります! それもとても身近で、簡単に手に入ります。

 

ただ、効果的な飲み方を分からずに適当に飲んだ場合、その効果はゼロ、むしろ逆効果になるこも。つまり、太ったり体調を崩したりする可能性もあるということ。かなり稀ですけどね。

それを踏まえて今回は、腹筋をバキバキにするためのサプリの活用方法をお伝えします。

 

どんゴリ
サプリをうまく活用して、より効率的にバキバキの腹筋を手に入れましょう!

 

腹筋をバキバキにするサプリとは?

腹筋をバキバキににするサプリとは、ずばりプロテインとHMBです。

プロテインとHMBはもはや腹筋に限らず、筋トレにはマストと言っても過言ではないくらい効果のあるものです。

 

どちらかというと、プロテインは何十年も前から広く飲まれているもので、HMBはここ最近で注目されるようになってきたもの。

もしかしたら、プロテインは学生の時に運動部だった人は、飲んでいた経験もあるかもしれませんね。

 

私も初めて飲んだのは20年くらい前で、その当時はめちゃくちゃ不味くて、いつも鼻をつまみながら飲んでいた記憶があります。

それが今や、おかわりしたくなってしまうような美味しさ(未だに不味いものはある)ですから、その進化は目覚ましい限り。

 

また、未だに筋肉増強剤のようなイメージを持っている人もいますし、太るとかゴリマッチョになると思っている人までいますから、その辺りも次章で説明しますね。

一方、HMBはここ最近で一気に注目されるようになってきたため、初めて耳にする人も多いかもしれませんが、既にその効果の根拠が示されてきています

 

飲み方がプロテインとは少し異なってきますから、こちらもよく理解した上での摂取が不可欠です。

あれこれ手を出さずプロテインとHMBを押さえよう

トレーニング経験が長く、毎日のようにハードにトレーニングしている人やアスリートなどは、それこそ数種類のサプリメントを併用しているケースも多いです。

ゴリゴリのボディービルダーともなれば、傍に数種類のサプリを置いて、飲みながらトレーニングしている人をよく見かけることも。

 

ただ、腹筋をバキバキするためには、プロテインとHMBを押さえておけば十分。それぞれ説明していきますね。

プロテイン

プロテインは、一言でいえばタンパク質のことです。もともと筋肉はタンパク質の塊のようなものであり、その成長にもタンパク質の摂取が不可欠。

タンパク質はもちろん毎日の食事から摂ることができますが、その摂取量は不足していると言われています。

 

例えば、30代の中肉中背の男性が、腹筋を割るために日々トレーニングしているとすれば、1日に必要なタンパク質量は少なくとも100g以上。

これを普通に食事から摂るのは実はそんなに難しくないのですが、それだとカロリーオーバーや糖質・脂質の摂り過ぎで普通に太ってしまうんですね。

 

もし“糖質や脂質を抑えた食事”でとなると、その難易度は格段に跳ね上がります。ご存知の通り鶏のササミ・ゆで卵・納豆・豆腐などを食べまくらなきゃならないわけで、そこで登場するのがプロテイン!

特にトレーニング直後の栄養吸収率が高い時間帯に摂取すれば、即座に栄養として吸収され、筋肉の回復を助け翌日の筋肉痛を和らげる効果も期待できます。

 

腹筋の成長に不可欠なタンパク質をダイレクトに効率よく摂取できるという点において、プロテインは最強です。

ちなみに、トレーニングをしている限りは、もともと不足している分を補っていますから、太ることもなければ、いきなりゴリマッチョになるのもあり得ません。

HMB

ここ最近で一気に注目を集めるようになったのがHMBで、摂取の目的と効果はプロテインとは異なり大きく以下の3つ。

 

  1. トレーニングによる筋肥大効果の増大
  2. トレーニングによる筋損傷の回復
  3. 体脂肪量の減少

 

筋肉を構成する筋タンパク質は、常に合成と分解を繰り返していて、合成作用が分解作用を上回ることによって筋肉が大きく成長(筋肥大)します。

HMBはこの合成作用を高め、分解作用を減少させる効果がありますから、筋肥大効果の増大が期待できるということ。

 

そして、トレーニング後の筋損傷の目安となる酵素が減少し、筋タンパク質の分解作用が抑制されることによって回復を促進。

加えて、カロリー制限と組み合わせてHMBを摂取することにより、筋肉量を維持しながら脂肪量が減少することが示されています。

 

HMBは2週間以上の継続した摂取によって効果が最大化し、特にトレーニング初心者に対する効果が高いもの。トレーニングの前後と寝る前の摂取が理想的とされています。

つまり、トレーニング経験の少ない人や腹筋を割るトレーニングの比較的初期段階での摂取がおすすめということです。

まとめ

腹筋をバキバキにするサプリは、すごく特別なものでもなければ、副作用があるような危険なものでもありません。

それは、今では広く知られているプロテインと、最近注目を集めるようになってきたHMB

 

プロテインを摂る目的は、腹筋に不可欠なタンパク質を効率的に摂取すること。

そしてHMBは、トレーニングによる筋肥大効果の増大や筋損傷からの回復を促進してくれます。

 

この2つのサプリをうまく活用し、バキバキのカッコいい腹筋を手に入れましょう!

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です