自宅で腹筋の筋トレするなら絶対におすすめしたい3つの鍛え方とは?

腹筋を割ろうと日々トレーニングに励んでいる人の中には、自宅で筋トレしているという人も多いのではないでしょうか。

自宅で腹筋の筋トレをするのは、やろうと思ったらすぐできるなどのメリットがある反面、自宅ならではのデメリットがあるのも事実。

 

例えば他のやりたいことに気を取られてしまったり、「これぐらいでいっか」などと妥協してしまったりするんですよね。

これらは、トレーニングの効果を半減させてしまうこともあり得ますし、割れるまでの期間を引き延ばしてしまうことも考えられます。

 

そんな状況を喜ぶ人はいないと思いますから、確実に潰し込んでおきたいですよね。

そこで今回は、自宅で腹筋の筋トレをするなら絶対におすすめしたい3つの鍛え方をご紹介します。

 

どんゴリ
早く結果を出したいなら必ず押さえておきたい内容ですから、ぜひ最後まで確認してください!

 

自宅で腹筋の筋トレをするメリット

自宅で腹筋の筋トレをするメリットは結構あります。代表的なものを挙げると以下。

 

  • やろうと思ったらすぐできる
  • お金がかからない
  • ジムのように現地に行く必要がない
  • 時間を問わない
  • 周囲の目を気にせず好きなようにできる
  • 着替えたりする手間がない(裸でやろうが関係ない)

 

特に、いつ何時でもすぐに自由にやれるのは、最大のメリットではないでしょうか。

自分でメニューを考え、日々成長を実感できれば満足感も大きいもの。しっかりと計画的なメニューでトレーニングすれば、間違いなく成果は出ます。

 

ただ、その反面あまりトレーニングについて知らない状態で作ったメニューを続けてしまったり、気持ちにブレーキをかけて余力を残して終えてしまったりすることもあるんですよね。

それをできる限り防止して、効果を最大にするためにおすすめしたい鍛え方について、次章で説明していきます。

自宅でやるなら絶対におすすめしたい3つの鍛え方

自宅で腹筋の筋トレやるなら、絶対におすすめしたい3つの鍛え方をご紹介していきます。

“ながら”はやらない!

よくテレビCMや通販番組で、腹筋器具が「〇〇しながら腹筋を鍛えられる!」みたいなキャッチコピーで販売されているのを見かけませんか?

確かにその腹筋器具はそのコピーの通り、家事をしながら映画を観ながら腹筋を鍛えられるのは事実でしょう。

 

しかし、それだけで腹筋が見事に割れるかと言えば、答えはNO!

これには、負荷が低いことや腹筋が伸展→収縮しないという点に加え、何よりも「トレーニングに集中していない」という最大の理由があります。

 

腹筋は〇〇しながら、“勝手に”腹筋を動かしてくれるような器具によって割れてくれるほど甘くはないということ。

特に自宅でやっていると、好きな人からLINEがきたり、お子さんがいる場合はちょっかいを出されたりと集中を切らす要素が山ほどあります。

 

それらをできるだけシャットアウトし、しっかりとした腹筋運動を集中してやらない限りは、ハッキリとした割れ目の腹筋を手に入れることは不可能だと思ってください。

もちろん、腹筋器具をトレーンングの補助的なものとして使用するのはありです。

余力を残そうとしない

自宅で腹筋の筋トレをする際のデメリットとも言えることとして、腹筋を追い込まずに終わらせてしまうことがあります。

つまり、「このくらいでいっか」という風に、ある程度やったところで、まだ腹筋に余力があるにも関わらずやめてしまうわけです。

 

この余力を残して終わるというのは、腹筋を成長させる上でまったくもって好ましくありません。

なぜなら、筋肉をより大きく成長させるには負荷の高いトレーニングが必須であり、筋肉を余力のなくなる限界まで動作させる(オールアウトという)ことが有効だと分かっているから。

 

余力を残してトレーニングを終えることは、腹筋の成長にとって非常にもったいないことなのです。

参考:腹筋は「高負荷×低回数」で大きく!低負荷の自重トレで追い込む!

腹筋ローラーを使う

先ほど“ながら”腹筋器具について触れましたが、それとは異なり腹筋を鍛える器具の中でも確実に“割る”効果があるのが「腹筋ローラー」。

なぜなら、とても安価で簡単な仕組みであるにも関わらず、その動作によって強烈に腹筋を刺激できるだけでなく、やり方によって初心者から上級者まで幅広いレベルに対応できるからです。

 

腹筋ローラーは、極端な言い方をすれば「これさえあれば他に何もいらない!」というくらい、効果としては間違いありませんから、ぜひ1つは持っておくことをおすすめします。

参考:腹筋が追い込めない!?それなら腹筋ローラーをメニューに加えてみて!

まとめ

自宅で腹筋の筋トレをやることは、やろうと思ったらすぐにできる・ジムなどに行く必要もないしすぐできるなどのメリットがある反面、他のことに集中を削がれたり余力を残して終えてしまうことも。

そんな状況をできるだけ防止し、効果を最大にするために絶対におすすめしたい3つの鍛え方をお伝えしました。

 

  1. “ながら”はやらない
  2. 余力を残そうとしない
  3. 腹筋ローラーを使う

 

この3つを実践するだけでも、自宅でやる筋トレの成果を爆発的にアップさせることができます。

自宅派の人はぜひ取り入れてください!

参考:【腹筋を割る方法の全て】誰でも100%腹筋が割れる4つのステップ

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です