腹筋が割れるまでの期間は?できるだけ短くする4つのポイント

腹筋を割ろうと思った時に、絶対に気になることがあります。

それは「どのくらい時間がかかるんだろう?」ということ。

できるだけ早く割りたいからこそ、どれだけ頑張れば割れるのかを知りたいのは自然なことですよね。

でも結論は出ています。

 

分かりませんっ!

というのも、少しだけ考えてみてください。

世の中には全く同じ人は2人といませんし、取り巻く環境や日常で起こること、本人のやる気や腹筋を割りたい理由など、実に様々なことがグチャグチャに絡み合っています

その上で、「1ヶ月です!」などと言い切れる人がいるでしょうか?

いたら詐欺師です。

と言うわけで、今回あなたにお伝えしたい2つの内容を挙げます。

  1. 腹筋が割れる期間は人によって違う
  2. 割れるまでの期間をできるだけ短くする4つのポイント

効率的に腹筋を割りたい人はぜひ確認してください!

 

腹筋が割れるまでの期間はどのくらい?

冒頭で、腹筋が割れるまでの期間は人によると言いました。筋トレに関する一般論では、早くて13ヶ月、遅くとも6ヶ月くらいから効果が出ると言われています。

しかしながら、筋肉がつくことと腹筋が割れることは異なります腹筋を割ることには様々な要素が関係してくるのです。中でも特に大事な2点をお伝えしますので、自分に当てはめて考えてみてください。

今の立ち位置はどこか

今の立ち位置とは、具体的に以下の内容です。

 

  • トレーニング経験の有無
    学生時代に運動部でバリバリだった、元々筋トレが趣味など
  • どのくらい太っているか
    腹回りの脂肪が多ければ当然割れにくい
  • トレーニングの支障となることの有無
    腰痛持ち、四十肩など

 

簡潔に言えば、「今の腹筋レベル」です。

これが高ければ早く割れるし、低ければ時間がかかるのは当然の話。

例えば、週末は草サッカーをしていて、平日も週に23回はランニングや軽い筋トレをやっている人と、運動の経験が少なく体脂肪率も30%を超えている人では、期間が違うのは当然ですよね。

どのくらい本気か

腹筋を割ることに対して、どのくらい本気かがとても重要になってきます。

なぜなら、その本気度によって、毎日のモチベーション・トレーニング中の集中力・時間の確保、そして続けられるかが決まってくるからです。

毎日30分でも集中してトレーニングする人と、週末のみトレーニングを行う人ではどちらが結果を出せるでしょうか?

答えは明白ですね。

高強度のトレーニングをする

トレーニングの強度は高いほど良いです。ただし、闇雲に強度を上げれば良いわけではありません。むしろ、慣れていないうちに強度を上げすぎると怪我をするので要注意!

トレーニングの強度を上げる具体手方法としては以下があります。

 

  • 腹筋専用のマシンを使う
  • 腹筋ローラーやウエイトを使って負荷を増す
  • 意識を高め最大限収縮させる

 

自宅にて自重のみでクランチやシットアップをやるだけでは、どうしても負荷が弱いですから、トレーニングに慣れてきたら負荷を上げることを検討すべきです。

詳細なトレーニング内容については以下の記事が参考になります。

参考:腹筋を割るためにはトレーニングの「回数」を増やすべきではない!?

体脂肪を落とす

腹筋を割るには、体脂肪を落とすことが不可欠です。なぜなら、いくら腹筋が大きくなっても表面に脂肪がついていると、凹凸がハッキリ見えないからです。極端な話をすれば、ガリガリの人は筋肉は大きくなくても腹筋は割れてますもんね。

体脂肪率の目安として、男性では15%より低くなると、割れ目がハッキリ見えてくるとされています。
参考:腹筋を割るのに「体重」は重視すべき? 腹筋と体重の関係性を解説

体脂肪を落とすには、やはり有酸素運動につきます。ただ、数分でできるものではないため、ある程度時間が確保できる時や、腹筋が成長してきてから考えても良いでしょう。

食事を管理する

できるだけ効率化したいなら、毎日の食事を管理しましょう。管理というと難しく聞こえますが、噛み砕いてみると、以下のようなことです。

 

  • 揚げ物や脂分をできるだけ控える
  • 摂取カロリーを下げる
  • 余計なお菓子を食べない
  • 夕飯は控えめにする
  • タンパク質を多く摂る

 

いきなり全てをやるのではなく、できるところからやっていきましょう。

特に最初は、1食抜くとか炭水化物を全く摂らないなど、極端なことをしてしまいがちですので、少しずつ改善していくことを意識してください。

参考:腹筋を割る上では炭水化物とうまく付き合おう! 過度な制限はNG!

サプリメントを飲む

食事管理だけでは補うことが難しい栄養素を手軽に摂れるのが、サプリメントです。

とは言え、種類もたくさんあり、選択に迷ってしまうかもしれませんから、代表的なものを挙げておきます。

プロテイン

タンパク質を効率よく摂取できるサプリメントです。

中でもお勧めなのは「ホエイプロテイン」と呼ばれる種類で、吸収が良いため運動後のタンパク質補給に最適です。

BCAA

アミノ酸の一種であるBCAAは、トレーニング前~トレーニング中に摂取することで、筋肉のタンパク質が分解されてしまうのを防ぎ、疲労を溜めにくくします

トレーニング中は喉が乾くので、飲み物に溶かして飲めるタイプにすれば取り入れやすいですね。

HMB

HMBトレーニングによる筋肥大効果を増大させたり、トレーニング後の筋損傷の回復を高めるなどの効果があります。

特にトレーニング経験の浅い人に効果があるとされているため、始めたばかりの人や、過去の運動経験が少ない人にお勧めです。

“手軽に摂れる”とは言いましたが、値段だけで選んだり、適当な量を飲んだりは厳禁です。
食事やトレーニング内容とトータルで考え、適切な量を摂りましょう。

まとめ

腹筋が割れる期間は人によって違います。それは体の状態やモチベーションなどが千差万別だからです。

とは言え、その期間をできるだけ短くすることはできます。この記事でご紹介した内容をできることから実践していただき、ぜひ最短ルートで理想の腹筋を手に入れてくださいね。

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です