痩せてるのに腹筋が割れない!?痩せてるだけじゃ腹筋は浮き出てこない!

あなたは痩せ型ですか?

もしあなたが「痩せ型」なら、腹筋を割るには有利であることは事実です。

 

ただ、もちろん痩せてるというだけでは腹筋は割れませんし、中にはお腹の脂肪がほとんど無いのに腹筋が浮き出てこない人も。

これはなぜかというと、腹筋が小さかったり腹筋の厚みがなさすぎて凹凸が見えないからなんですね。

 

今回、そんな痩せ型のあなたに、痩せてるのに腹筋が割れない具体的な理由と、それを解消してカッコよく割れた腹筋を手に入れる方法をお伝えします。

 

どんゴリ
痩せ型の人は、間違いなく確認してください!

 

痩せてるのに腹筋が割れないのは腹筋が小さすぎる

結論から言いますと、痩せてるのに腹筋が割れない原因は、腹筋が小さいからです

もう少し細かく言うなら、この“腹筋”というのは腹直筋を指し、その一つ一つのブロックが小さすぎるために、割れ目がほとんど目立たないということ。

 

腹直筋とは

腹直筋とは、腹筋群を形成する4つの筋肉(腹直筋・外腹斜筋・内腹斜筋・腹横筋)のうちの1つで、誰しも生まれながらに4〜10のブロック(パックという)に割れている筋肉。

 

極端な例えですが、ハッキリ割れた腹筋がまんじゅう6個だとすると、痩せてるのに割れない腹筋は500円玉6枚、という感じですね。

つまり、トレーニングによって腹筋を大きくしてあげれば、ハッキリとした割れ目が出てくることになります。

参考:腹筋が大きくならない人が押さえるべき割るための5つの基礎知識とは?

みんな6つに割れるわけではない

繰り返しになりますが、腹直筋は誰しも生まれつき割れています

ただ、必ずしもみんなが6つに割れているわけではなく、しかもその数を後から変えることはできません

参考:腹筋が4パックしかない!?2つの方法でパック数を確認しよう!

 

この割れているパック数は人によって4〜10と差があるので、もしかすると6つに割れないと思っていても、もともと4つにしか割れてない可能性があるということ。

もし、腹筋もある程度大きくなってきて上部〜中部の4つはハッキリしてきたのに下部だけ割れないと思ったら、生まれつきの4パックかもしれません。

 

どんゴリ
割れ目がハッキリしてないうちでも、力を入れた状態で指で触れば確認できますよ。

痩せてるだけじゃ腹筋は浮き出てこない

腹筋の割れ目ををハッキリと浮き出させるには、筋肉を大きくするトレーニングを行う必要があります

筋肉を大きくするトレーニングとは、何十回も動作をできるものではなく、8〜12回で限界となる動作でやるものです。

 

これは筋肉を大きくする(筋肥大)のに最も適しているやり方。

筋肥大とは?

筋肥大とは、トレーニングによって少し傷ついた筋肉が、適切な栄養摂取と休息によりトレーニング前より成長することです。

筋肥大に最も適しているのが、10回前後で限界となる負荷でのトレーニングになります。

 

でも10回前後で限界となる動作にすると言っても、具体的に何をすれば良いのでしょうか。

それには、自重でオーソドックスな上体起こしをするだけでは無理なので、どうにかして負荷を上げる必要があるということ。

 

具体的な負荷の上げ方については、「腹筋を追い込むとは?バキバキにするハードトレーニングメニューを紹介」を確認してみてください。

痩せてるように見えるのに体脂肪率が高い人とは?

腹筋を割る時に重要な指標として、体脂肪率があります。体脂肪率が何%なら見た目はこのくらいというのがだいたい決まっているわけです。

参考:腹筋が割れないなら体脂肪率を減らすべし!割れる目安は15%未満

 

痩せ型の人は普通体脂肪率が低いのですが、たまに、見た目的にも痩せているのに体脂肪率が高い人がいます。

これはあまり腹筋とは関係ないのですが、健康上よろしくないとされている内臓脂肪が多いということ

 

内臓脂肪が多いと、生活習慣病になるリスクが高いと言われていますから、もし該当した場合にはお腹周りの脂肪(皮下脂肪)がほとんどなくても、食生活を見直すことをお勧めします

具体的には、やはり食事による糖質・脂質の摂取を少なくし、飲酒や喫煙を控えることが大切。筋トレも有効ですが、これは腹筋のトレーニングをやっているのでクリアしています。

 

腹筋を大きくすることで代謝力も上がりますし、内臓の位置を正常に保つ効果も期待できますから、それらの点で、内臓脂肪を減らすことにも貢献するわけですね。

まとめ

痩せてるのに腹筋が割れないという原因はただ1つ、腹筋が小さすぎること。トレーニングにより腹筋の各ブロックを大きくすれば、割れ目がハッキリしてきます。

そのためには、自重だけのトレーニングではなく、8〜12回で限界になる負荷でのトレーニングが効果的

 

これは、筋肉を大きくするのに最も有効とされているトレーニング方法です。

もともと痩せ型なのであれば、腹筋の上にある脂肪は少ないわけですから、腹筋を大きくできれば短期間で理想の腹筋を手に入れられますよ!

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です