シックスパックになるのは難しい?トレーニングや食事に必要なこと

シックスパックになるのは難しいのか?

断言しますが、難しいです! もし難しくないという人がいるとすれば、それは履歴書に「趣味:筋トレ」と自信満々に書く人くらいでしょう。

 

ただ、その難易度はトレーニング経験や体脂肪率の状態によって変わってきます。

例えば、体脂肪率30%で学生時代は帰宅部の人と、体脂肪率が18%で今も草サッカーをやっている人で難易度が違うのは明らか。

 

それ以外にも難易度を決める要素は無数にあります。それら全てを含めてもやはりシックスパックになるのは難しい!

でもだからこそ、手に入れた時の喜びは大きいですし、相当な価値があるものです。

 

今回はそんなシックスパックになるのはなぜ難しいのか、そして必要なトレーニングや食事はどんなものかについてお伝えします。

もしかすると、どれだけ頑張っても永久にシックスパックにはなれない人もいるので、その理由もお伝えしますね。

 

どんゴリ
シックスパックになりたい人は、この記事の内容を必ず確認してください!

 

シックスパックは難しいのか

シックスパックになるのがなぜ難しいのか? それは“やること”自体が難しいわけではなく、以下の2点が難しいということ。

 

  1. トレーニングをやり始めること
  2. 続けること

 

逆を言えば、この2点ができるならば、ほぼシックスパックは手に入ったと言っても過言ではありません。

そのくらい難しいこのなので、それぞれ説明していきますね。

トレーニングをやり始めること

まず最初の難関は、日々のトレーニングをやり始めることです。

トレーニング自体がきついのは当たり前として、どうにかやり始めることができれば、その後は何とかなります。体を動かすことでスイッチが入るんですね。

 

とにかくこの“やり始める”までが大変で、「あぁ、今日は特に残業で疲れたからやりたくない」「そう言えば今日は観たいドラマがあったんだ!」てな感じでやらない理由を探し出します。

そんな思いに喝を入れて、少しでも体を動かし始めることができれば、この点はクリアです。

続けること

続けることの難しさは誰しも分かるのではないでしょうか。それが腹筋のトレーニングのようにきついこととなれば尚更ですよね。

実は腹筋を含めた筋トレというのは、よほど特殊なものでもない限り、やり方は難しくはありません。

 

例えばジムでマシンを使うのに、毎回トレーナーに教えてもらわなきゃできないなんてことはまずありませんし、大体の種目は手順に沿ってやれば、難解すぎてできないなんてことは無いということ。

トレーニングそのものの難しさより、続けることの方が100倍難しいです。

一生シックスパックになれない人とは

頑張ってトレーニングしてもシックスパックになれない人とは、そもそもシックスパックじゃない人です。

ちょっと意味が分からないかもしれませんが、人間の腹筋というのはもともと割れていて、それが遺伝的にシックスパックではなくフォーパック(4パック)だということ

 

残念ながら、4パックの人はどれだけ鍛えてもシックスパック(6パック)になることはありません。

参考:腹筋が割れない!パック数や割れ方はそもそもが遺伝だった!?

シックスパックになるためのトレーニング

シックスパックになるためには、腹筋のトレーニングが必要ですが、やり方によって効果が全く違ってきます。

シックスパックになるためのトレーニングで最も重要なのは、腹筋を大きくする必要があるということ。これは筋肥大を目的としたトレーニング。

 

筋肥大には、8〜12回で限界になる動作を、1分程度のインターバルを取って3〜5セット繰り返すことが有効とされています。

この時にポイントなるのが、「負荷の高め方」で、負荷を高くできなければ腹筋を大きくすることはできないと言っても過言ではないのです。

 

負荷を高めるには、ジムでマシンを使ったりウェイトを使ったりすることが手っ取り早いですが、やり方によっては自分の体重のみを負荷とする自重トレーニングでも可能

以下の記事に具体的な方法が載っていますので、ぜひ参考にしてみてください。

参考:腹筋が肥大しない!?自重でも効果がある筋肥大トレーニング3選

シックスパックになるための食事

シックスパックになるための食事は、気をつけることはいたってシンプルです。

摂取カロリーが消費カロリーを上回らないようにすること、糖質・脂質を控え、食物繊維・タンパク質を多く摂取すること。

 

緻密に栄養価を計算してやるのももちろんいいのですが、面倒な上に続かない可能性が高いので、以下の内容を意識することをおすすめします。

 

  • こってりした食事や酒・お菓子類を控える(ほぼ口にしない)
  • 夜ご飯の炭水化物をカットする
  • 1〜2週間に1日程度のスパンでなんでも食べて良い日を設ける(チートデイ)
  • プロテインやHMBなどのサプリメントを活用する

参考:腹筋割るのにプロテインがおすすめな理由・話題のHMBを徹底解説!

 

ひとまずはこれだけやっておけば、他に細かいものはいりません。

後々どうしても腹筋の上の脂肪が落ちないような場合や、体脂肪率を5%以下にしたい時などには、もっとストイックにやる必要が出てくるでしょう。

まとめ

腹筋をシックスパックにするのは、やはり難しいです。ただ、それは特にやることが難しいわけではなく、次の2点が難しいということ。

 

  1. トレーニングをやり始めること
  2. 続けること

 

実はこの2点をクリアできれば、後は淡々とトレーニングを積み重ねていくだけなのです。

そのトレーニングでポイントとなるのが「負荷」で、腹筋を大きくするために10回前後で限界となる負荷にするのがベストです。

 

そして食事管理としては、とにかく糖質・脂質を控え、食物繊維・タンパク質を多く摂取すること。そのためには、プロテインやHMBなどのサプリメントを有効活用しましょう。

 

シックスパックになるのは難しいですが、習慣化さえしてしまえば、後はゴールまで意外にスムーズですよ!

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です