【ジムでの腹筋の鍛え方】マシンやベンチを活用した厳選メニュー5選!

 

腹筋のために「ジム」を最大限に活用しませんか?

 

腹筋を割ることを志す人の中には、もともと筋トレが好きでジム(フィットネスクラブ)に通っているケースもあるのではないでしょうか。

ジムは、現地まで行かなければならなかったり、それなりの会費がかかりますが、その分メリットも大きいもの。

 

月に¥10,000前後する会費を払いながらも、月に2回くらいしか行かないという人も多いようですが、これを使い倒さない手はありません!

なぜなら、ジムでしかできない腹筋の鍛え方がある上に、トレーナーにフォームの確認やアドバイスまでしてもらえるから。

 

というわけで今回は、ジムでの腹筋の鍛え方として、マシンやベンチを使用した厳選メニュー5選をご紹介します。

 

どんゴリ
ジムを有効活用して腹筋を鍛えたい人は必見の内容です!

 

腹筋の鍛え方 〜ジムに行くなら押さえておくべき基本

ジムでの腹筋の鍛え方として、押さえておくべき基本をまとめておきます。

まず、一口にジムと言っても、その形態や規模は様々ですから、腹筋を鍛えるのに適しているかの判断は必要。ポイントは以下。

 

  • 大手の名の知れたジムならひとまずは安心
  • 市営や区営などの場合、規模が小さく器具がないことも
  • そもそも運動不足解消などが目的となっている形態
  • トレーナーが常駐している
  • 位置的に通いやすい
  • 入浴設備や貸し出し品など付属設備が充実している

 

会費は月払いや都度払いなど形態によりますが、これらのポイントを考慮しておいた方が良いでしょう。

既に通っている人は、特に気になる点がなければ問題ありませんよ。

 

ジムのメリットを知ろう

ジムで腹筋を鍛えるメリットは、何よりもまず腹筋専用のマシンや腹筋に利用できるマシンなどがあること。

腹筋を割るためにはレベルに合わせた高負荷の鍛え方が必要となりますから、この点は非常に大きいですね。

 

そしてマシンの使い方が分からなかったとしても、トレーナーに確認することができますし、フォームを確認してもらえるのは大きなメリット。

第三者の目から見て(しかも専門家)正確なフォームで動作ができれば、効果は最大になります。

 

また、個人的には、ジムという環境自体がヤル気を高めてくれるとともに、リラックスできる付属設備がある場所なら、リフレッシュ効果も大きいと感じています。

 

どんゴリ
腹筋を鍛えられる上に気分爽快になれれば、まさに一石二鳥です。

 

ジムのマシンやベンチを活用しよう 〜厳選メニュー5選

実際にジムのマシンやベンチを使用した、腹筋の鍛え方として、厳選メニュー5選をご紹介します。

 

アブドミナルクランチマシン

腹筋トレーニングの代名詞とも言えるクランチを専用のマシンでやることができます。

出典:KAWAI

 

 

床に寝てやるクランチよりは腹筋の動く範囲が大きいので、腹筋を広範囲で鍛えることができます。

ウェイトを調整することで負荷を段階的に高くできるのが最大のメリットですね。

 

ケーブルクランチ

規模の大きなジムになれば、ケーブルマシンという全身を鍛えられるマシンが置いてあることがほとんど。

 

ケーブルマシンはウェイトのついたケーブルをあらゆる方向に動かすことで、様々なトレーニングができるのです。

代表的な腹筋の鍛え方としては「ケーブルクランチ」があります。

 

ケーブルクランチもウェイトの調整で負荷を段階的に高くできるのと、腹筋を完全に収縮させることでさらに効果が高まります。

 

ケーブルツイスト

ケーブルマシンを使ったやり方ををもう一つご紹介します。

ケーブルをつかんで横方向にツイストするように動かすことで脇腹をハードに鍛えることができます。

 

ひねりの動きを高負荷でできる種目はそうないので、ケーブルマシンをならではのメリットを実感できます。

慣れないうちは上体が傾いたりしてしまいがちなので、ウェイトの設定は低負荷にしましょう。

 

ベンチを利用したシットアップ

シットアップベンチは自宅用のものも数多く販売されています。

 

が、ジムにあるものはやはり安定感が数段上で、より安心してシットアップに集中することができます。

トレーナーの人に補助をお願いすれば、より重たいウェイトを用いた高負荷な鍛え方も可能ですね。

 

基本的なシットアップベンチでのフォームは以下の動画で確認できますよ。

 

ハンギングレッグレイズ

ハンギングレッグレイズは、鉄棒にぶら下がった状態でレッグレイズ(足上げ腹筋)を行う種目。

自重での動作でも鬼負荷です。

 

ぶら下がるところがあればどこでもできるのですが、「自宅にはそんな場所無い!」という人や「自宅用のバーは不安定・・・」という人も多いはず。

ジムには安定感の高いバーがありますから、ぐらつきや強度などを気にせずに動作を行えます。

 

ハンギングレッグレイズは、ぶら下がることさえできれば高負荷で鍛えられ、動かしにくい下腹部を刺激できますから、非常に有効な種目です。

まとめ

腹筋は自宅でももちろん鍛えることはできますが、ジムに行けばより効率的に高負荷の鍛え方ができます。

ただし、ジムの規模や形態によっては、腹筋専用のマシンが無かったり、ウェイトを置いてなかったりしますから、その点は確認が必要です。

 

それでもジムならではのマシンによる高負荷な鍛え方と、トレーナーにフォームを確認してもらえるなどのメリットは大きいですよね。

そして家よりもヤル気が出たり、入浴設備が充実していればリフレッシュしたりと他のメリットも。

 

腹筋がトレーニングに慣れてきたら、ぜひジムの利用を検討してみることをおすすめします。

オススメ!:食事制限も走るのも嫌だ!それでも1ヶ月で腹筋が割れたわけとは?

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です