腹筋の鍛え方(男性版)自宅でより簡単に鍛えるための4つの極意とは?

あなたは腹筋を割るために「腹筋の鍛え方」を教えてくれと言われたら、すんなりと思いつくでしょうか?

もし自分が日々腹筋を割るためにトレーニングをしているにも関わらず、腹筋の鍛え方を答えられないなら、しっかりと目的を考えずに闇雲にやってしまっている可能性が高いということ。

 

だってそうじゃないですか。自分がやっている腹筋トレーニングの内容を説明できないわけですから。

というわけで今回は、腹筋の鍛え方(男性版)として、自宅でより簡単に鍛えることができるようにするための4つの極意をお伝えします。

 

どんゴリ
この4つを実践すれば驚くほど腹筋を鍛えることが簡単になりますから、ぜひ最後まで確認をお願いします!

 

腹筋の鍛え方(男性版)の基本

腹筋の鍛え方の基本として、男性版としたのはそもそも最終的に目指す腹筋がバキバキに割れた腹筋だからです。

女性の場合、バキバキなのは好ましくないでしょうし、割るというよりはぽっこりお腹を解消したり、ウエストのくびれを作る方がメインとなってくるはず。

 

そうなると、そもそも鍛え方の内容が違ってきてしまうんですね。それを踏まえて、まずは腹筋を理解しましょう。

腹筋を理解する

腹筋は正確に言えば「腹筋群」であり、4つの筋肉から構成されています。

中央部にあり割れ目を成している腹直筋・脇腹の筋肉に当たる外腹斜筋と内腹斜筋・腹筋のインナーマッスルの腹横筋の4つ。

 

これらの筋肉を満遍なく鍛えていくことが、バキバキ割れた腹筋を手に入れるために必要です。

負荷を高くし余力を残さない

腹筋を割るためのトレーニングは、腹筋を大きく厚くすることが不可欠であり、そのためには負荷を高くしなければなりません。

負荷を高くするには、ダンベルなどのウェイトを使ったり、ジムに行ってマシンを使用したり、腹筋ローラーなどのツールを使う方法がありますが、腹筋のトレーニングのためだけにジムに入会するのは勇気がいりますから、まずは自宅でできる方法をおすすめします。

 

そして本気で割りたいなら、基本的な心構えとして「余力を残さない」ことが重要。これはつまり、最大限に腹筋を疲れさせることによって、効果も最大化することを示しています。

参考:腹筋を追い込むとは?バキバキにするハードトレーニングメニューを紹介

自宅で簡単に鍛えるための4つの極意

腹筋を自宅で簡単に鍛えるには、一言でいえばトレーニングを仕組み化することです。もう少し噛み砕くと、「当たり前のことにする」ということ。

当たり前のことならハッキリ言ってやるのは簡単ですよね。

極意1 〜最初はルーティン化に専念

朝起きてトイレに行って顔を洗いハミガキをする、お風呂上がりにストレッチをする、洗濯や風呂掃除など、これら全てが生活の中にルーティンとして習慣化されていますから、つらいとか続かないなんてことはありません。

ということは、単純に考えれば腹筋のトレーニングをルーティン化してしまえば、鍛えるのってすごく簡単じゃないですか?

 

なので、最初のうち(またはトレーニングが続かないと感じているなら)は、内容や負荷どうのと言うよりは、クランチ10回でも何でもとにかくルーティン化することに専念しましょう。

2週間もやれば、逆にやらないことが気持ち悪く思えてくるはずです。

極意2 〜動作は最大限正確に

トレーニングにおいて最も重要なのが「フォーム」です。なぜなら、フォームが崩れていれば効果が半減どころかゼロにもなり得ますし、怪我をして割れた腹筋とさよならなんてことも考えられます。

とにかく、やる種目よりフォーム、回数や負荷よりもフォーム、正確なフォーム無くして割れた腹筋は絶対に手に入りません!

極意3 〜“あがる”方法を探せ

トレーニングを続けるには、トレーニングする環境を整えることも大切。その手段の1つとして、“あがる”方法を探すことをおすすめします。

“あがる”とは、緊張することでもなければ上体や脚をより高く上げることでもなく、テンションがあがると言う意味。

 

例えば、スポーツ選手がよくやるようにお気に入りの音楽を聴くことや、なりたい腹筋を持つ俳優やアスリートのポスターをデカデカと貼っておくなどです。

私も好きな音楽をトレーニング時間に合わせて編集して毎回聴きながらトレーニングしています。テンションがあがれば不思議とトレーニングのきつさは感じなくなります。

極意4 〜トレーニング前に少し食べる

トレーニングをする時間帯というのは、ほとんどの人が仕事から帰ってきた夜ではないでしょうか。

で、帰ってきた時ってまず、腹めっちゃ空いてませんか?

 

「腹が減っては腹筋ができぬ!」ということで、まずはおにぎり1つでも、食べることで満足感が得られるとともに、腹筋トレーニングのエネルギー源となります。

空腹をこらえてトレーニングするのではなく、適度に栄養補給すれば、気持ち的にもかなり楽になるでしょう。

まとめ

今回は、腹筋の鍛え方(男性版)ということで、腹筋を鍛えることに関しての全体像をお伝えしました。

その中でも、自宅で簡単に鍛えるための4つの極意として、最初はルーティン化に専念・動作は最大限正確に・“あがる”方法を探せ・トレーニング前に少し食べる、これらは必ず押さえるべき。

 

きついトレーニングでも、仕組み化して習慣にしてしまえば簡単ですから、ぜひ日々の腹筋トレーニングに取り入れてみてくださいね!

参考:【腹筋を割る方法の全て】誰でも100%腹筋が割れる4つのステップ

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です