腹筋ローラーは呼吸がポイント!腹筋に効かせるやり方を徹底解説!

腹筋ローラーを使ってトレーニングする時、しっかりと呼吸を意識していますか!?

「呼吸よりも、腹筋に全意識を集中してます!」
「はい! めっちゃ力がいるので、思いっきり息を吸って止めてからやります!」

 

こんな場合は、ハッキリ言ってかなり危険! 思いっきり力を入れた時に酸欠でクラっときたり、急激な血圧上昇により倒れてしまうことすらありますから。

しかも、呼吸をしっかりと行いながらやる方が、腹筋にとって効果が高いことが分かっています。

 

そもそも、私たち人間にとっては呼吸で得られる酸素が全ての活動の源であり、特に激しい運動をする時にはいつも以上に酸素を必要とするのは当たり前の話。

腹筋ローラーは腹筋のトレーニングの中でも負荷の高い種目ですから、より一層呼吸の意識が大切なのです。

 

そこで今回は、動作中のリスクを減らして効果を最大限にするためにも、腹筋ローラーで呼吸を意識して腹筋に効かせるやり方を徹底解説します。

 

どんゴリ
腹筋ローラーをトレーニングに取り入れるなら、必ず確認すべき内容です!

 

腹筋ローラーをやる時の呼吸方法

腹筋ローラーをやる時の呼吸方法は、腹筋ローラーでの動作を「開始から最も遠くまで転がした時」と「転がしたローラーを戻す時」に分けると以下のようになります。

 

  • 動作開始から転がす時 → 吸う
  • 転がしたローラーを戻す時 → 吐く

 

最も遠くまで転がした時に息を吸い切り、最初の体制に戻ってきた時に息を吐き切るのが理想。

ただ、腹筋ローラーが最も遠くまで転がって腹筋が1番伸びた状態が最も力が入りにくい(最も力が必要なので)ですから、呼吸をしようとするあまりフォームが崩れてしまうくらいなら、一瞬だけ呼吸を止めるのは問題ありません

怪我を防止し腹筋に効かせるという意味では、フォームが最も大切ですから。

 

そしてもし、呼吸を意識することで正確なフォームが維持できないようであれば、それは負荷が高すぎるかもしれません

負荷を調整して、まずはしっかりと呼吸をしながら正確なフォームが行えるようにしてみてください。

参考:立ちコロの適切な回数は?正しいフォームで腹筋ローラーの効果を実感!

腹筋に効かせるには呼吸が大事

繰り返しになりますが、腹筋ローラーの動作を腹筋に効かせるためには、呼吸が大事です。これは腹筋に限ったことではなく、筋トレ全般に言えること。

なぜここまで呼吸が大事とお伝えするのか、理由を解説していきます。

筋トレで呼吸が大事な理由

腹筋を含めた筋トレ時に呼吸が大事な理由は2つあります。

 

  1. 動作に必要なエネルギーとして酸素を取り込む
  2. 動作中の急激な血圧上昇を避ける

 

酸素は体を動かすのに不可欠なエネルギー源ですから、それをハードな腹筋ローラーのトレーニング中に止めてしまうのは良くありませんよね。

よく激しく動くとゼーハーなるのは、それだけ体が酸素を欲しているからです。

 

そして、息を止めた状態で力を入れることによる急激な血圧上昇は、酸欠によってフラついたり最悪の場合失神してしまうことすらあり得ます。

急激な血圧上昇は本当に危険なので、そのリスクを減らすべきなのは当然ですね。

腹筋ローラーの独特な動作と呼吸の関係

腹筋ローラーはクランチやシットアップなどのポピュラーな腹筋運動と異なる、独特の動作があります

それは、腹筋が伸びる(伸張性収縮という)時に強い負荷がかかること。

 

クランチやシットアップは、まず上体を起こす時に負荷がかかり、戻す時は自重に任せて戻ることができますよね。

もちろん、ダンベルなどのウェイトを使って負荷を高めていれば、その分戻す際の負荷も上がりますが。

 

それで、腹筋の成長にはこの「腹筋が伸びる時に強い負荷がかかる」というのがポイント。

これは筋肉が腹筋が縮む時(短縮性収縮という)よりも、伸びる時に負荷がかかる動作の方がより大きく成長すると分かっているからです。

 

どんゴリ
この伸張性収縮時に息を吸ってたくさんの酸素を供給してあげるわけですね。

 

そしてもう一点腹筋ローラー独特なのが、ローラーが常に転がろうとして不安定なので、それを維持するために常に集中しておく必要があるということ。

もし集中を欠いてゴロッと思わぬ転がり方をすれば、腹や顎を打ち付けて大怪我をすることすらあり得ます。

 

まとめると、腹筋ローラーは伸張性収縮時に高い負荷をかけられる動作であり、常に腹筋に集中することが求められるため、腹筋を割るための強力なツールになるということですね。

まとめ

腹筋ローラーは、腹筋を割るための強力なツールとなりますが、動作を行う際の呼吸は非常に重要です

なぜなら、呼吸によって動作に必要な酸素が十分に取り入れられるとともに、急激な血圧上昇による酸欠やふらつきのリスクを減らすことができるから。

 

具体的には以下の方法で呼吸しましょう。

 

  • 動作開始から転がす時 → 吸う
  • 転がしたローラーを戻す時 → 吐く

 

もし、呼吸が満足にできずフォームが崩れてしまうようなことがあれば、少し負荷を低くすることも検討しましょう。

 

そして腹筋が伸びる(伸張性収縮をする)時に十分に酸素を送ってあげることが、腹筋を大きく成長させるには最も効果的。

腹筋に効かせるやり方とは、「正確なフォームは維持しながらもしっかりと呼吸する」ということです。

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です