コスパ最強の「腹筋ローラー」を正しく使って割る効率を劇的にアップ!

腹筋を割ることを志ざす人なら、「腹筋ローラー」をご存じかと思います。

コロコロ・アブローラーなどと呼ばれることもあるこの腹筋ローラー、実は腹筋を鍛える器具の中ではコスパが最強です!

理由は以下の2つ

 

  1. そもそもメチャ安い
  2. 腹筋への刺激が強い

 

ただし、手軽に使える一方で間違った使い方をすると、腹筋に効かなかったり腰を痛めてしまったりする可能性があります

それも含めて今回は、腹筋ローラーについて必ず押さえておくべき内容をお伝えします。正しく使って、ぜひ効率的に腹筋を割りましょう!

 

腹筋ローラーとは

腹筋ローラーとは、棒にタイヤが付いているだけのとてもシンプルなものです。棒を握りながら転がせるように、棒とタイヤは一緒に回らないようになっています。

様々なメーカーから色んな形の商品が出ていますが、用途は同じです。価格は1,000円前後で、安いものになると1,000円を切ります

 

本当に様々なタイプがあるので、迷わないためにもいくつかご紹介しておきます。

どれを使うのが正解ということではないので、最初はポピュラーなタイプがお勧めです。

最もポピュラーなタイプ

昔からある最もポピュラーな腹筋ローラーです。金額的にもリーズナブルです。

コンパクトなタイプ

タイヤの部分がより小さくなってコンパクトなタイプです。旅行先にも気軽にもって行くことができるサイズです。

安定感を重視したタイプ

タイヤ部分が、これでもかというぐらいに幅広なので、安定感は抜群です。価格としては少し高めです。

足にも付けられるタイプ

手で握って普通に使用するだけでなく、足に装着して使うことができる珍しいタイプです。普通のタイプと異なった刺激を与えらるメリットがあります。価格はポピュラータイプの2~3倍します。

自動で戻るサポート付きのタイプ

腹筋ローラーでのトレーニングは、誰にでも簡単にできるというものではなく、初心者には少しハードルが高いです。そこで、戻す動作を補助してくれる機能が付いているタイプがあります。

ちなみに、先ほどご紹介した安定感重視のタイプにも補助機能が付いています。

腹筋ローラーを使う前に確認しておきたいこと

腹筋ローラーは非常に効率よく腹筋に刺激を与えることができますが、使う前に必ず確認しておくべきことがあります。それが以下。

 

事前に確認!
  1. 肩や腰に爆弾を抱えている人は痛めてしまう可能性がある
  2. 刺激が強く動作的にもキツイので挫折する可能性が高い

 

それぞれ説明します。

肩や腰に爆弾を抱えてませんか?

具体的な動作については後ほどお伝えしますが、腹筋ローラーでのトレーニングは全身を使います。特に肩や腰が稼動しますから、もし肩や腰に古傷を抱えている方は要注意です。

肩や腰に痛みがある状態では間違いなくトレーニングに集中できませんし、最悪は一生痛みと付き合わなければならなくなってしまう可能性がありますから、腹筋ローラーを使うかどうか慎重に検討しましょう。

覚悟はありますか?

腹筋ローラーは正しく使えば効率的に腹筋を刺激できる反面、激しい筋肉痛になる可能性が高いです。腹筋を割るにはとにかく続けることが重要となりますから、筋肉痛に慣れてない人は辛いかも知れません。

「これは俺の体がやめろと言っているサインだ!」
「なんかもっといい器具ないかな~」

などと理由を付けて投げ出したくなります。

覚悟を持ってトライしましょう。

実際に使ってみよう

ここからは実際に腹筋ローラーの使い方をご紹介します。間違ったフォームでトレーニングすると怪我につながりますから(どの種目でも同じ)、できれば最初は自分のフォームを動画に撮ってもらうなどすると良いです。

初級編(膝コロ)

最もオーソドックスな膝をついた状態で動作を行うトレーニングです。フローリングでやるとめちゃくちゃ膝が痛いので、膝当てをするかヨガマット(タオルでも可)を敷くことをお勧めします。

中級編(すねコロ)

膝をついてのトレーニングに慣れてきたら、「じゃあ立った状態から膝をつかずにやってみよう!」というのはちょっと無謀です。

というのも、立ちコロは膝コロに比べて難易度も強度も格段に跳ね上がるから。

 

そこで、膝よりも足に近い“すね”を支点にして動作を行う、「すねコロ」が次の段階として有効です。

基本的な動作は膝コロと変わりませんが、やってみると負荷が増していることを実感できますよ。

上級編(立ちコロ)

腹筋ローラーが真の実力を発揮してくれる最もキツイ動作が、立った状態から足を支点に行う「立ちコロ」です。立ちコロが正確なフォームで連続10回できれば、かなり強靭な腹筋の持ち主。

以下の動画では、立ちコロをやるに当たって、いきなり正確なフォームでできない場合に、負荷を抑えたり徐々にできるようにするアイデアが紹介されています。

まとめ

腹筋ローラーは、腹筋を鍛える器具の中でもコアストパフォーマンスが最強です。なぜなら、元々価格が安い上に腹筋に強烈な刺激を与えることができるからです。

ただし、間違ったやり方で肩や腰を痛めたり、あまりの刺激の強さに続かないこともありますから、しっかりとやり方を確認した上で覚悟を持ってやるべきです。

 

普通の腹筋運動がマンネリ化してきてしまった、できるだけ効率よく腹筋を刺激したい、などの方はぜひトレーニングに取り入れてみましょう!

参考:【腹筋を割る方法の全て】誰でも100%腹筋が割れる4つのステップ

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です