腹筋が続かない?続けられる腹筋のために押さえるべき3ヶ条とは?

「腹筋が続かない!」という人は結構多いですが、どのようなやり方をしているのでしょうか?

なんとなく、テレビやネットを見ながら「あんな腹筋になりたいなぁ」と思って、おもむろに腹筋を始めたりダンベルを買ったりしていませんか?

 

それは思っているだけで行動しないよりは100倍素晴らしいことですが、残念ながら間違っています!

実は腹筋を割るためにやることはそんなに難しい内容ではなく、むしろ一番大変なのは毎日がどんな状況でもトレーニングを続けること。

 

だって、人間がキツいことから逃れたくなるのは本能ですし、私たちの周りにはトレーニングよりも楽しくてやりたいことがたくさん溢れているのですから。

でもお分かりの通り、そんな状況を打破して続けない限り腹筋は割れませんから、今回は「続けられる腹筋のために押さえるべき3ヶ条」についてお伝えしていきます。

 

どんゴリ
この3ヶ条を最初に押さえておけば、その後のトレーニングを続けるのが楽になりますよ!

 

腹筋が続かない原因

腹筋が続かない原因はたくさん考えられますが、ほとんどの人に共通してくる内容があります。それが以下の3点。

 

  1. いきなりキツいメニューをやる
  2. ライフスタイルに筋トレを組み込めない状況
  3. なぜ腹筋を割るのかかが明確でない

 

この3点はむしろトレーニングを始める前にクリアしておかなければならないことですから、自分が当てはまってないかを確認してみてください。

いきなりキツいメニューをやる

そもそも筋トレ自体が体に負担がかかるものですから、その上いきなりキツいメニューにしてしまうのは良くありません

これはトレーニングだけでなく、食事管理にも同じことが言えます。

 

例えば、「今日から毎日腹筋ローラーを100回じゃ!」とか、「割れるまで白いご飯は一切食べません!」などは、意気込みとしては良くても続かない可能性大。

まずは身の丈に合った、続けられることを前提としたメニューにするべきなのです。

 

軽めの腹筋でも日常生活の中でルーティンになってしまえば、負荷を上げていっても続けることは簡単でしょう。

そもそもライフスタイルに筋トレを組み込めない

働き盛りのサラリーマンなら、仕事で毎日のように帰りが深夜になってしまったり、接待や飲み会続きという人も多いかもしれませんね。

ただ、そのような人が腹筋を割るのは非常に困難です。理由としては、トレーニングの時間帯がバラバラになってしまったりそもそも確保できなかったりすること、そして食事の管理がほとんどできないであろうこと。

 

たまに空いた時間にトレーニングをするようなやり方では、効果も低いですしモチベーションも持ちません。

なぜ腹筋を割るのかが明確でない

これは結構盲点なのですが、そもそも腹筋を割る理由が明確でない人がいます。目的が明確でなければモチベーションが持ちませんから、続かないのは当然

バキバキに割れたカッコいい腹筋を手に入れて海やプールで肩で風を切って歩くでもよし、最近ウザがられている家族を見返すでもよし、とにかく明確な目的がなければ、そもそも続ける理由がありませんよね。

 

やんわりとしたものではなく、「オレは家族に見直してもらうために2ヶ月で腹筋を割る!」くらいの目標は必ず持ちましょう。

続けられる腹筋の鍛え方3ヶ条

続けられる腹筋の鍛え方3ヶ条は、続かない原因の逆をやれば良いと思われるかもしれませんが、それは既にクリアできているものとして、「これを最初にやっておけば後は無理なく簡単に続けられる!」というものをお伝えします。

とりあえず腹筋以外をやろうとしない

腹筋を割るためには、状況に応じて有酸素運動を取り入れたり、腹筋以外の筋肉を鍛えた方が良いのは事実なのですが、それを最初からやるのは絶対にNG

まずはとにかく腹筋のトレーニングだけを優先し、それこそ簡単だと感じるくらいのメニューでトレーニングを習慣化しましょう。

 

調べれば調べるほど色んな情報が出てきますから、とりあえずはオーソドックスなクランチや上体起こし(シットアップ)を、正確なフォーム最優先でやることをおすすめします。

腹筋の代わりに何かを捨てる

断捨離という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

もともとは不要なものを減らそうとする考え方ですが、腹筋を割るなら娯楽に当ててる時間や大好きなお酒・お菓子など、あまり建設的とは言えない時間やモノを断つべき

 

「オレは修行僧じゃない!」と思っても、トレーニングの時間を確保することと余計なものを摂取しないことは腹筋を割る上で大前提となりますから、少なからず必要になってくるでしょう。

やる気を削ぐ人を遠ざける

何かを成し遂げようと思った時に、冷静に周りを見渡すと、やる気を削ぐ人(目標から遠ざけようとする人)が意外と多いことに気がつきます。

例えば腹筋を割ることに関して言えば、毎日のようにラーメンや飲み会に誘ってくる同僚、「どうせ続かないだろ」などと言ってくる上司、「そんなことやってる暇があったら家事手伝ってよ!」と言ってくる妻、などなど。

 

関係を断つ必要はありませんが、好きなものはついつい食べに行ってしまったり、そんなセリフを聞くだけでもモチベーションは下がりますから、遠ざける工夫をしましょう。

飲み会は常に二つ返事で断って飲み会に行かないキャラになる、邪魔者が入らないように会社帰りにジムに行くなどですね。

まとめ

腹筋が続かないという人は、必ず続けられない原因があります。いきなりキツすぎるメニューにしていたり、そもそもトレーニングの時間が取れないというケース。

そこでまずは今回ご紹介した、続けられる腹筋のための3ヶ条を実践してみてください。

 

  1. とりあえず腹筋以外をやろうとしない
  2. 腹筋の代わりに何かを捨てる
  3. やる気を削ぐ人を遠ざける

 

最初の段階でこれをやっておけば、その後トレーニングを続けることはかなり楽になるはず。

効果のほどは保証しますから、続ける自信が持てない人はぜひ面倒がらずにこの3ヶ条を試してみてくださいね!

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です