毎日10回の腹筋運動をやり続けることで腹筋を割ることはできるのか?

毎日10回の腹筋運動で、腹筋を割ることはできるでしょうか?

無理っ!!

やっぱり・・・

はい、“普通の人”には無理です。

しかし、やり方や状況によっては100%不可能ではないことをお伝えします。

そしてどうしても時間が確保できず、1日10回しかできないけど、何とか効果を最大化したい! というか方のために、その方法をご紹介します。

110回の腹筋運動で腹筋を割れる条件

冒頭で100%不可能ではないと言いましたが、もし1日10回の腹筋運動で腹筋を割りたいと思っているなら、それには厳しい条件があります。

もちろん10回でも何もやらないよりは、間違いなく筋肉は成長しますが、それだけで腹筋が割れたら、それはまさに奇跡。

順を追って説明しますので、よく確認してください。

目的が何かをよく考えよう

下っ腹を少しへこましたい、便秘を解消したいなどの目的であれば、1日10回の腹筋運動でも効果を得られるケースもあります。

しかし、あなたの目的は腹筋を割ることですよね?

もし、1日10回で腹筋が割れるなら、誰でも割れています。

割れるまでの道のりは、個人差はあれどそれなりに厳しいことを自覚しましょう

腹筋運動の種目は何か

腹筋運動の種目数は非常に多いです。その中でも、腹筋を割るためには負荷の高いトレーニングが効果的。

110回でも、集中力を高めマシンを使って高強度のトレーニングをすれば、その効果は最大になります

逆に、普通のクランチやシットアップを10回では強度が低すぎるのです。

かと言って、高強度のトレーニングを慣れてない人がやるのは無謀ですから、この点も厳しい条件と言えるでしょう。

現状のお腹の状態

まだ腹筋の量が少なかったり、腹回りの脂肪が多い場合、腹筋を割るという目標には遠いことが分かりますよね。

逆に、ある程度筋肉の量はあって少し皮下脂肪が付いている、ほとんど仕上がっているがもう少し彫りを深くしたい、なんて場合にはお腹の皮下脂肪を落とすだけで見事な腹筋が現れるかもしれません。

その場合には、そこまで高強度のトレーニングを求める必要はありませんから、1日10回の“クランチ”でもいけます。

ここまでのまとめ

これまでの内容をまとめます。

110回の腹筋を毎日やることで腹筋を割れる人は以下です。

  1. 非常に強度の高い腹筋運動を行える環境と知識がある
  2. 既に腹筋の筋肉量が多い
  3. 今の状態をキープしながら、皮下脂肪を落とすことに専念している
これを見て、オレはいける! と思う人は、バリバリのトレーナーかアスリートくらいです。

もし少しでも「そんな簡単に割れるのか!」という思いがあった人は、厳しいことを言うようですが、今すぐにその考え方を捨てましょう!

続けることが重要

腹筋を割るには、何をやるかよりもどれだけ続けられるかの方が重要です。

なぜなら、数日~1週間程度で腹筋を割ることは不可能であり、13ヶ月以上の期間を要するからです。

元々トレーニングが好きで、時間にも余裕があるなら別ですが、毎日忙しくしているあなたには、途中で辞めたくなる理由がたくさんありますよね。

 

  • 今日は仕事で遅くなってしまったから
  • 筋肉痛が痛過ぎる
  • どうしても観たい映画がある
  • ちょっと寝不足で

などなど。

 

これらに打ち勝ち、続けることで必ず結果はついてきますから、10回しかできない日があっても、とにかく続けることが大切です。

毎日10回となってしまうと、最初に述べたように99%無理なので、本気で腹筋を割りたいなら、まずはもっと時間を捻出できないか考えましょう!

腹筋運動10回の効果を高める方法

どうしても10回しか腹筋運動ができない時のために、その効果を高める方法をご紹介します。

正直、10回しかできないってどんだけ忙しいんだ? とは思いますが、トレーニングの効果を高めるという意味では有効な方法です。

1回の負荷を高める

筋肉を大きくするには、1回しか動作ができない負荷(最大筋力という)の7080%程度で、812回動作を行うべきとされています。

単純にクランチやシットアップをやっただけでは負荷が小さいため、これを10回繰り返しても腹筋に対すかかる刺激はたかが知れてますよね。

そこで、動作1回の負荷を高めましょう

以下の記事を参考にしてください。

参考:腹筋を割るためにはトレーニングの「回数」を増やすべきではない!? ​

ジムでトレーニングする

ジムでは比較的簡単に腹筋運動の負荷を高めることができます。ウェイトの種類は豊富ですし、場所によっては腹筋を鍛える専用のマシンが置いてあります。

1回の運動をかなりの高負荷で行うことができますから、既に通っている方や家のすぐ近くにある方などはうまく利用しましょう。

くれぐれも、最初から高負荷でやろうとせず、徐々に負荷を上げていってください。

まとめ

毎日10回の腹筋を続けることによって、腹筋を割ることは無理です。それでも、その10回に集中し、効果を最大限にすることはできます。

“毎日”10回ではなくても、忙しくて10回しかできない、という日もあるはずですから、そんな時はこの記事で効果を最大限に高めてくださいね。

 


「脱!ワンパック」はブログランキングに参加しております。
少しでも記事が気に入った方はポチっとしていただけると嬉しいです。

 にほんブログ村 その他スポーツブログ 筋トレ・ウェイトトレーニングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です